オフライン地図アプリケーションのPDF Maps(ピーディーエフマップス)が日本語になって登場しました!カナダのAvenza社が開発したiOSとAndroid端末で使えるPDF Mapsは、オフライン地図アプリなので、データ通信網に繋がりにくかったり、全く通じない場面でも、スマートフォンなどに内蔵されているGPSを使って、地図上で自分の位置を知ることができます。海外旅行、電波が届きにくい土地での国内温泉旅行、ハイキング、川下り、海釣り、など、場所を選ばず地図アプリが使えます。通信コストの削減も実現できます。

PDF Mapsを持って屋外に出たら、地図マーカーを地図上に落としたり、写真やメモを加えたりすることができます。野外調査に出るならば、あらかじめ入力する値を選択リストとして用意することで、データ収集を効率的に行うことができます。集めた地図マーカーは、Google EarthやGISソフトで見ることもできます。

利用する地図は、アプリ内のマップストアから地図をダウンロードできるだけでなく、DropboxやQRコードを利用して、オリジナルの地図も取り込むことができます。地図ファイルフォーマットとして、GeoTIFF、Geospatial PDF、GeoPDFが利用できるので、市販やオープンソースのGISソフトを使って地図を作成することもできます。

地図作りをお仕事にされている方には、PDF Mapsのマップストアは、地図を販売するための新しいインフラになります。例えばAmazon社のKindleのように、作成した地図を直接ユーザーに届けることができるようになります。

PDF Mapsは、地図を、いつでも、どこへでも持っていける新しいタイプの地図アプリです。ぜひ皆さんのスマートフォンやタブレットにPDF Mapsを入れて、地図を持ってでかけましょう!

はじめまして

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。